FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

あなたはiDecoにむいてない

 

今月の勉強会が週末に迫りまして

ようやくパワポを作成しました。

 

配布用の資料とパワポとあとは軽く見直ししながら

仕上げていくだけです。

 

今回はw

いつもよりがんばって作りましたよ♪

 

時間を確保できたのが大きかったですが

やる気が乗ってましたね^^

 

私が考えるiDecoにむいてない人

私が思うところ

こんな人はiDecoはやめといた方がいいんじゃないかな~

 

と感じる人がいます。

 

どんな人が向いてないと思うのかを

今日はつらつらと書いていこうかなとw

 

iDecoのメリットを受けられない人

やめといた方が良いな~

と思う中で1番に出てくるのが

 

所得控除の効果がない人です。

専業主婦とかですね

 

給料から所得税と住民税が引かれている人は

iDecoのメリットを受けられていると思いますが

 

そうじゃない人は

デメリットを直撃で受けることになりますので

やめといた方が良い。

 

「ほっといてくれ!!」

と言われるかもしれませんがね(^-^;

 

若い人はiDecoにむいてない

ここでいう若い人は

どちらかというと年齢的に若い人ですw

 

気持ちが若いとか

見た目が若いとか

 

まあ、全然関係というわけではないですけどね

 

なぜ若い世代の人はiDecoがむいてないと感じるのか?

 

それはこれから

結婚、出産、子育て(教育費)、住宅購入、親の介護

転職や転勤も入れておこうかな^^

 

色々な出来事が起こる可能性が高くって

将来を予想しにくいからです。

 

毎月一定額の積み立てを行うiDeco

途中でストップはできても

 

貯まった資金を引き出すことはできません。

 

まだまだ先がわからないな~

と思う人はiDecoはやめておいた方が良いと思っています。

 

もちろん

それをわかった上でやるなら問題ないですけどね^^

 

60歳前の人はiDecoにむいてない

若い人とは逆に

60歳前くらいの人もiDecoはむいてないと思います。

 

現状の制度ではという条件付きですけどね

 

それはなぜかというと

積み立て期間が短いからです。

 

60歳までしか積み立て期間がないのに

60歳直前でスタートしちゃうと

 

マイナスになっても戻ってくる時間がありませんからね~

つみたて投資としての効果を感じる間がないと思います。

 

住宅ローン控除を受けている人はiDecoにむいてない

住宅を買うとセットでついてくる

住宅ローン減税

 

10年くらい所得税、住民税が戻ってくるわけですが

 

iDecoの所得控除の効果とつぶしあって

住宅ローン減税の効果が減ってしまう人がでてくると思います。

 

正直、給料や住宅の物件価格によるんですけどね。

 

住宅ローン減税を受けている人には

つみたてNISAがおすすめです^^

 

退職金が多い人はiDecoにむいてない

iDecoのメリットとして

受け取る時に退職所得控除というのがあって

税金がかからない・・・と思ってる人が多いのですが

 

会社でももらう退職金と合算になりますから

退職所得控除額を超える人は

 

「なんでこんなに税金高いんだ~」

ということになりかねません。

 

会社員や公務員として

長年がんばって仕事して

昇進していったとしたら

 

もしかしたら自分が想像していたよりも

多い退職金をもらうことになるかもしれませんのでね^^

 

退職金が多いのは良いことではありますけど

それならiDecoはむいてないと思います。

 

iDecoへの拠出額が小さい人

iDecoは5000円からスタートできる手軽さも良いのですが

口座維持手数料がとられるというデメリットがあります。

 

安いところで今のところ167円か・・・

低コストにこだわりたいつみたて投資なのに

167円は痛いコストだなと思うわけです。

 

5000円に対する167円ですからね~

所得控除でメリットがあればまだマシですが・・・

 

それでもiDeco

むいてない人だろうと思うパターンをあげていきましたが

あなたはどう思いましたか?

 

メリットがちゃんとあって

デメリットのダメージが小なら

やっても良いと思います。

 

私はやっぱりiDecoですねw

 

退職金には期待できませんし(^-^;

所得控除の効果も出ています。

 

自分にあってるなと思うなら

やってみてはどうかと思います。

 

つみたて投資勉強会募集受付ページ

9月28日につみたて投資勉強会を企画しています。

下記のページで参加者募集を受け付けています。

facebook

www.facebook.com

 

コクチーズプロ

www.kokuchpro.com

 

リーマンインテリジェンスHP

r-int.com

 

 

どちらのつみたて制度が合っている?つみたてNISAそれともiDecoか

 

つみたてNISAかiDeco

あなたはどっちが自分に向いていると思いますか?

どちらの優遇制度が有利なのか

 

つみたて投資を始めるなら

せっかく政府が用意してくれているidecoやつみたてNISAといった

優遇制度を利用しない手はありません。

 

両方やるんだ~

という資金に余力のある人もいるでしょうが

 

一般の会社員家庭でそんなに大金を出資するのも厳しいですからね

うちも嫁さんとの交渉でようやくiDecoを認めてもらえましたw

 

あなたは 

「どちらの制度が私にはあってるのかな?」

という疑問はありませんか?

 

私にはありましたよ。

長いつみたて生活になるわけですから

じっくり考えれば良いと思います。

 

まずはiDecoが使えるかどうか

どっちが良いかな~

と悩む前に

 

そもそもあなたはiDecoが使えますか?

というところも大事です。

 

iDecoを使える対象は広がったとはいえ

まだ全員が使えるわけではありません。

 

会社が企業型の確定拠出年金を採用している場合は

色々と面倒な手続きがあるようなので

可能性があるのかどうか会社に聞いてみる必要があります。

 

iDecoにメリットはあるのか

あなたにとってiDecoはメリットがあるのか?

という意味です。

 

他人にメリットがあろうが

あなたにメリットがなければ何も意味もありません。

 

iDecoのメリットといえば

  • 所得控除で所得税と住民税が安くなる
  • 運用中は非課税
  • 受け取り時は退職所得控除、年金控除が使える

というのがあります。

このメリットがあなたにとってもメリットになりますか?

 

というところをちゃんと考えてください。

 

メリットをみてあなたに合ってないなら

やらない方が良いかもしれません。

 

iDecoにはデメリットもあります。

 iDecoのデメリットは

  • 60歳まで引き出せない
  • 運用中に管理手数料がかかる
  • 退職金の多い人は受け取り時に税金がかかる

デメリットをみて

こりゃダメだ~

と思う人もiDecoをやらない方が良いでしょうねw

 

iDecoがダメならつみたてNISA

iDecoのメリットとデメリットをみて

メリットの方が大きいな~

と思うか

 

デメリット痛すぎやろ~

と思うか

 

iDecoをやるかどうかを考えて

結果、やらないになった人は

 

つみたてNISAを選択すればよいわけです。

 

次回はどんな人がiDecoに向いてないのか書いていきますね^^

  

つみたて投資勉強会募集受付ページ

9月28日につみたて投資勉強会を企画しています。

下記のページで参加者募集を受け付けています。

facebook

www.facebook.com

 

コクチーズプロ

www.kokuchpro.com

 

リーマンインテリジェンスHP

r-int.com

 

不適切投信を売っている店で何か買う気になる?

かんぽ生命の不適切な契約がニュースになってボロボロのところに

新たに出てきたのが

 

ゆうちょ銀行の不適切投信販

 

不適切投信

・・・って何?

 

いやあ知りませんでした。

そんな投資信託があったなんて(^-^;

 

まだまだ勉強不足だな~

なんて思いながらニュースを読むと

 

社内規定で高齢者に投資信託を販売する時は勧誘前と契約前に健康状態や理解度を担当者とは別の管理者が確認すること

になってるのをやってなかったから

不適切に販売している投資信託という意味で

不適切投信と命名されたのかな?って感じです(^-^;

 

それにしてもすごい名前ですね。

 

しかもゆうちょ銀行233店舗中213店舗で

この高齢者をターゲットにして投資信託を売りつける行為を行っていたとのこと

 

まさに高齢者がやってきたら

カモさんщ(゚Д゚щ)カモーンの状況だったのだろうと想像してしまいます。

 

少し前の記事↓でも書きましたが

r-int.hatenablog.com

 

本当に良い商品であれば

高齢者をカモにして無理やり売りつけるようなことはしなくても売れていきます。

 

なぜそんな犯罪的なことをしてまで売らなければならないのかというと

そこに良い商品が置いてないからです。

 

不適切な手法でしか売れない不適切投信が置いてあるだけだということを

ゆうちょ銀行が証明しているようなものです。

 

金融商品を買うならちゃんと店を選びましょう。

と言ったところで

 

定期預金しかしてこなかった高齢者をカモにして

投信を売っているなら・・・

注意が届くわけもない・・・

 

もしかしたら貯金のまま継続しているという理解のまま

投信を買わされている人もいるかもしれない

 

投資はしたくないから貯金なんだという人まで

巻き込んでいるとしたら本当にヒドイ話です。

 

このほとぼりが冷めた頃

また何か売り出すでしょうけど

あなたは何か買う気になりますか?

 

高齢者の多くが信用していたゆうちょ銀行は

その支持者を裏切ってどこへ向かっていくのでしょうか?

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ