FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

iDeco65歳に変更で流れが変わる年金戦略

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

f:id:tkhssugimoto:20191125014348j:plain

iDeco65歳制の狙い

つみたてNISAの変更と同時に

個人型確定拠出年金iDeco)に拠出できる年齢が65歳になる

 

というのも話題になっています。

ん、なってるよね(^-^;

 

この65歳になることで何が変わるのかを

現時点ではまだ浅い知識で考えてみました。

 

そのうち深く考えられるように鍛えていきますので

ブログで主張することもだんだん違ってくるかもしれませんが

 

その時は成長したんだなと暖かい目でみてやってください^^

 

iDecoは年金

iDecoはつみたてNISAと同じように

積み立て投資で資産形成をしていくものですが

 

つみたてNISAと決定的に違っているのは

個人型確定拠出年金という漢字が示す通り

 

年金だということです。

 

なので年金を受給するという意味で

60歳まで引き出しが不可能だったわけです。

 

年金と言えば国民年金と厚生年金

年金といえば国民年金+厚生年金が真っ先に思い浮かびますが

これらとの関係も無視するわけにはいきません。

 

公的な年金を受け取る時は

年金控除といって税制の優遇措置が受けられます。

 

実はこの優遇措置はiDecoも受けられるんです。

 

ただし、優遇される金額は

そんなに大きな金額じゃないので

 

国民年金+厚生年金とiDecoを同時に受け取ると

もしかしたら税金を多く払うことになるかもしれません。

 

厚生年金は繰り下げ受給の流れ

国民年金+厚生年金は65歳から受け取らずに

受け取り年齢を繰り下げすれば年間の受取額が増額されますよ

 

という話は聞いたことありますか?

 

これから年金受給者はどんどん増えていって

支える現役世代はどんどん減っていきますので

 

なんとかこのバランスを変えて

受け取る人数を減らして

支える現役世代を増やしたいという現れかな(^-^;

 

そんな風に誘導するために

色々と制度をいじくり始めたなという感じがしています。

 

国民年金+厚生年金の受け取り年齢を繰り下げやすくするために

 

給料減を受け入れれば65歳までは再雇用されますし

今回のiDecoも65歳まで積み立てできるように変えるのだと思います。

 

積み立てを継続するなら引き出す人は減るかも

iDecoの積み立てが60歳までなら

60歳から受け取る人が多いと思いますが

 

65歳まで積み立てられるなら

働ける間は積み立てを継続しよう

と考える人が増えるのではないかと思います。

 

それなら、再雇用を受け入れて65歳まで仕事しよう

と考える人も増えるでしょうし

 

再雇用を受け入れたならiDecoの受け取りは65歳からにして

年金控除が重ならないように

厚生年金+国民年金はその分繰り下げした方が

 

お得 ♪♪♪

 

というのが当たり前になっていくのかなと思います。

 

ちょっと想像が多くてすみません^^

 

会社員のスタンダードな老後モデル予想

想像ついでに会社員のスタンダードな老後を考えてみました。

  1. 60歳で定年、役職等はなくなり給料は少なくなる。再雇用へ
  2. 60歳で退職金を受け取っているので給料が少なくても大丈夫
  3. iDecoは働いている間は継続して拠出する
  4. 65歳で再雇用終了
  5. 65歳でidecoの年金受け取り開始
  6. iDecoがなくなるまで国民年金+厚生年金は繰り下げ
  7. 70歳前後でiDecoの年金受け取り終了
  8. 国民年金+厚生年金の受け取り開始

こんな感じになるのではないかと予想です。

大事なことが抜け落ちてるかもしれないので

気が付いたら修正していきますねw

 

まあ、ここに余力のある人は

つみたてNISAでの運用分など自力で増やした資産がのってくるわけです。

 

ちょっと想像が過ぎましたかね(^-^;

制度もコロコロ変わるんで

また全然違った将来になっているかもしれませんけどね

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ