お金の知恵をみにつける勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えリーマンインテリジェンスというお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

これから投資をする人の増税対策

訪問いただきありがとうごいざいます♪
ランキング応援いただけると更新の励みになりますのでよろしくお願いします^^

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

f:id:tkhssugimoto:20211120234729j:plain

基本的な節税策からやる

連日の増税報道でTwitterでは

岸田総理の写真がバンバン流れてきていますね(^^;)

 

この残念感は次の選挙でお返しするとしても

増税が決まったら

ブーブーいったところで

税金は払わなければいけません。

 

ただし・・・

出来る節税策くらいは

最低限やりたいですよね

 

投資は株か投資信託から取り組む

はい、もうすでに投資を始めている人には

当たり前になってる話ですが

NISA、つみたてNISA、iDeco

これらの利益に対する非課税効果を利用する

 

iDecoは受け取り時に

退職所得控除か

公的年金控除を使うこと

 

NISAやつみたてNISAは利益に対して非課税です

 

まあ、やってる人からすれば

そんなのはわかってるという話ですが

 

これから投資をしようかなと考えている人は

仮想通貨とかFXとか先物とか

金融派生商品的なものにいきなり取り組むと

増税の直撃を受ける可能性が高いのではないかと思っています。

非課税制度のようなものが用意されていないですからね

 

なのでまずは非課税制度が用意されている

株や投資信託から投資を始めるのが

得策ではないかと思います。

 

株の税金はちょっと前まで10%でしたからね~

それを考えると

 

もしも大きく方針転換されることがあったとしたら

やっぱり株や投資信託が対象になるんじゃないかと予想します。

 

他の金融商品で投資が上手くなっちゃうと

途中で変えるの苦労しますからね(^^;)

 

損失が出た時も確定申告をする

その年の投資の利益と損失を相殺できる損益通算と

投資の損失を3年間の利益と相殺できる繰越控除があります

確定申告で申請するんですけどね

 

確定申告するのは面倒かもしれないけれど

 

損が出た時は

やれることはやっといた方が良い

 

これも細かい話をするとややこしいので

軽く触れる程度にしておきます(^^;)

 

住宅ローン控除の縮小対策は様子見

住宅ローン控除の縮小については

もうしばらく様子見ですかね

 

どの程度の縮小になるのか

年数の延長はあるのか

 

このあたりのバランスでどうなるのか

人によって分かれるかもしれません。

 

私が住宅ローンを組んだのは

23年ほど前、22年だったかなw

 

その時は住宅ローン控除の期間は15年だったので

とてもありがたかったです^^

 

なので控除額の縮小と期間の延長のセットは

あり得ると思っているのですが・・・

 

実際はどうなるのか?

出てきたものをみるまでわからないですね~

 

会社員の税金対策

会社員にとって最終的な税金対策は

これだなと思ったことがあります。

 

それは橘玲氏の書かれた↓の本を読んだ時に思いました

 

 

 

「貧乏はお金持ちって何やそれ」

って思いましたがw

 

読んでみて

「できないことはない」

と思ったものです^^

 

税制をわかった上で

同じ仕事をするなら

どんな最適化が可能なのか

 

興味ある人はレビューなどチェックしてみて

一度読んでみるのが良いと思います

もう結構古い本なので中古もあるでしょうし

図書館にもあるかもしれません。

 

そのままは自分に合わなくても

合うようにアレンジはできそうな気がしました

 

これから来るであろう様々な増税に対して

なすすべなしと諦める前に

 

何か方法はないかという視点を持って

取り組んでいきたいですね^^

 

ムリゲーじゃない

世の中のお金持ちの人達は

結構な資金を投入してでも

税金対策を行っています

 

脱税じゃなくて節税ね

 

ちゃんと複雑なルールを攻略してるってことです

 

なので会社員でも不可能じゃない

ムリゲーじゃないってこと

 

たとえお金はそんなに持ってなくても

知恵だけは磨き続けられる

 

がんばりましょう^^

サラリーマン投資家ランキングのブログもチェックしてみてくださいね

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ