FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

暴落中は現金を温存したい

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

現金ポジション

昨日はリートまで暴落しちゃったみたいで

株、不動産(リート)、金、原油、ハイイールド債・・・

金利通貨など

 

まあ、株の暴落が発生すると色々な資産が連動しているかのうように

暴落の連鎖が起こったりします。

 

そういえば仮想通貨も下がったのかな?

やってないからよくわからんです(^-^;

 

現物の不動産はすぐには連動しませんね

そこはありがたい。

 現物不動産はちょっとタイミングがズレる感じです。

 

投資している人って

株だけに投資しているわけじゃないんで

 

株が暴落すると

別の資産も逃げようとしたり

 

マイナス分の穴埋めに現金が必要になって

暴落してない他の資産を売却したり

 下げに合わせて儲けようとしたり

 

色々つながって全部下がっちゃう

大暴落特有の現象かもしれません。

 

そんな時に頼りになるのが

キャッシュ=現金です。

 

とりあえず日本では円ですかね

 

何か市場の気配が怪しいな~

と感じていた人は

 

現金ポジションを多めにしていたり

暴落に対して利益がでるように準備していたり

上手くやってます。

 

暴落の嵐が過ぎ去った時

注目していたあの銘柄が半値になっていたりするんで

 

現金が残っていれば買うことができます。

 

暴落の途中って

そろそろ下げ止まるんじゃないかな?

って感じでついつい買いたくなるんですけど

 

私もそうなんですけど

結局勉強代を支払うことになるんでw

 

本当に落ち着いてから動くのが正解かもしれません。

今でいうとコロナ騒動の出口が

ちゃんと見えてからでも良いような気がします。

 

そのせいで大底を逃すかもしれませんけど

途中参入で現金を減らすのってもったいないですしね(^-^;

エリオット波動論の下げ

投資の話でエリオット波動論ってのがあって

相場が下降する時には3つの波を形成するって話があります。

 

もちろん全部の相場に当てはまるわけじゃないし

今回がそうなるなんてことも言えないのですが

 

相場が下がる時には

3つの波の形を作ることもありますよってことです。

 

で、今のところ株でいうと

波はまだ1個目です。

 

2つ目の修正波でちょっと戻して

3つ目でまた落ちる

f:id:tkhssugimoto:20200320010836p:plain

というパターンがありますんで

もしも、このパターンでくるなら

 

戻りの②がでたあと

もう一度下降の③がくる

かもしれません(^-^;

 

万が一③が発生したとしても

そこでも少しは現金を確保しておきたいですよね。

 

なので

今の暴落がそろそろ終わりだぞ

って思っても全力では勝負しない

 

ちょこちょこやりたいと思います。

 

私の全力なんて小遣い程度なんですけどねw

それでも投資の練習にはなりますし

 

次の10年に向けて資産を形成するチャンスかもしれませんから

慌てて全力で勝負しない

 

こんなこと書いてる本人が1番うっかりやっちゃうんで

気を付けようと思います^^

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ