FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

つみたて投資の弱点は克服できる

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

f:id:tkhssugimoto:20191212015410j:plain

つみたて投資の弱点対策

つみたて投資に弱点があるとしたら何だと思いますか?

シミュレーションではいつでも右肩上がりに資産額が増えていって

 

簡単、確実に資産が増える方法として

紹介されていることが多いですけど

 

そこは投資なんで

増える時もあれば減る時もあるもの

 

ましてや積み立て投資の場合は

気を付けないといけない弱点がありますよね

 

最後に暴落

気が付いている人も多いと思いますが

 

序盤からずっと調子が良くて

中盤はちょっとヨコヨコな感じで

 

まあまあ、プラスだな~

そろそろ現金に戻そうかな~

 

と思っていたところに

 

暴落・・・

 

というような流れできてしまうと

暴落直後はマイナスになっちゃう可能性もあるわけです。

 

(もうちょっとで換金するつもりだったのに) ..._| ̄|○ 

 

みたいなパターンが積み立て投資にとっては

弱点になるんじゃないかなと思っています。

 

弱点克服1じっくり待つ

弱点克服方法の1つ目としては

もし暴落がやってきたらどうするのかを

 

しっかりと運用中に決めておく

ということです。

 

決めてないと狼狽売りしちゃうかもしれませんからね

 

で、どう決めておけば良いかというと

 

プラスに転換するまでは積み立てを継続する

 

ということ

 

暴落でマイナスになったとしても

いずれは反発してくるもの

 

その反動でプラスにかわるまで

じっと継続することが大事です。

 

たとえ非課税の期間が終了して

利益に税金がかかってしまうとしても

 

マイナスで決済するよりは何倍もマシだと言えますからね^^

 弱点克服2明確な利益確定目標

暴落後にプラスにかわるまで悠長に待ってられないぞ~

というタイプの人には

 

先制攻撃型の弱点対策が良いと思います。

 

どんな方法かというと

 

ここまで利益が出たら決済する

という明確な金額を設定しておく

 

まあ、少しイメージしにくいかと思うので

例えばですね

 

毎月3万円を20年間積み立てするとしたら

出資した金額の合計は3×12×20=720万円になるんですね

 

じゃあ、運用の終盤

暴落はまだ来ていなくて相場が順調な時期に

 

運用総額が720万円に到達した時点で

全額換金しちゃうという方法です。

 

これが15年目か18年目かはわかりませんよ

 

言えるのは

もし15年目に720万に到達して換金したら

 

残りの5年間のつみたて資金と運用益は確実に

全部利益になるということです。

 

ものは考えようで

運用の途中で20年分の出資額の全額を回収できれば

 

あとは暴落が来ようが

何も恐れることはないということですね^^

 

まとめ

弱点克服として

のんびり待つ戦略と

即効で出資金額を回収する戦略

の2つをご提案させていただきました。

 

細かいことを考えると

現金じゃなくて国債に変えたらとか

色々あると思いますけど

 

そこはまた好みによって分かれますからね^^

 

しっかり考えて調べていけば

あなたの感覚にピタッとくる方法と

 

その方法にあう商品が見つかると思います。

 

そういうこと考えるのって

楽しいと思いませんか^^

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ