FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

iDecoの加入期間が65歳まで延長が示すトレンド

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

iDecoの加入期間延長の案

 

イデコの加入期間が

60歳から65歳まで延長されるという話がでているそうな

 

 

おいおい

それは60歳まで引き出せなかったのが

65歳まで引き出せないようになるんじゃないだろうな

 

 

と一瞬いや~な感じを受けましたがw

どうやら今のところはそういう話ではないようです。

 


受取の縛りはそのままで

希望者は掛け金を65歳までかけられますよ

ということであれば

延長したい人にとってはメリットですね^^

 

 

現役で働く人が

投資信託を積立することを考えれば

iDecoで長く積み立てられるのは

 

 

税制上のメリットが大きいです。

現役であればですね^^

 

65歳は現役 

 

ちょっと前にニュースにもなっていましたが

 

65歳は現役

70歳はほぼ現役でしたっけw

 

 

75歳はほぼほぼ現役ww

 

まあ、寿命が延びているんだから

現役で働く期間も延びるでしょう。

 

それだったら

自分で積み立てる年金であるiDeco

現役で働ける65歳まで伸ばしたらどう? 

 

 

という発想だと思うのですが

本命は別のところにあるような・・・ (^_^;)

 

 

 本命は年金じゃないの

 さて今回のiDecoの話題

本命はどこにあるのかな?

 

と考えたら

やっぱりアレでしょ

 

個人的な妄想で申し訳ありません。

先にお断りしておきますね^^

 

本命は

 

年金受給年齢の引き上げ

 

じゃないかなと思っています。

現行の65歳から70歳への

段階的な引き上げを行う前に

 

65歳からの収入源を確保するために

様々な布石を打っておく作戦

 

その1つではないかなと想像しています。

 

 

年金受給年齢のトレンド

 

このブログの読者さんは

投資好きの方が多いと思いますので

 

トレンド

 

がどんなことを意味しているのかは

なんとなくわかっていると思います。

 

上昇トレンドとか

下降トレンドとかね^^

 

年金受給年齢

明確に段々と年齢が高くなっています。

元々50歳からスタートして現在60歳から65歳へ移行中

 

私の年齢(現在46歳)では

今のところ65歳になる予定です。

 

年金を受給することのできる年齢は

早めにしたり遅らせたりと

色々とシステムが複雑になってはいますが

 

はっきりと言えることは

過去から眺めていると

受給年齢は右肩上がり

 

上昇トレンドを描いているといえます。

 

トレンドは継続する

 

という言葉を聞いたことはありませんか?

 

下降トレンドに転換するサインがでるまで

トレンドは継続する。

 

トレンドが転換するサインは

 

高値が切り下がるか

安値が切り下がるか

 

どちらかが出た時

下降トレンドに代わる可能性がでてきます。

 

年金の受給年齢でいうと

早めに受給できる年齢が

今までよりも若い年齢になるか

基準になる年金受給年齢が若くなるか

 

かな(^_^;)

今の状況から考えてありえないかw

 

ということで

上昇トレンドは継続するような気がします。

 

いつか

トレンド転換のサインがでるまでね^^

 

ちょっと妄想が過ぎたかなw

決めつけているわけではなく

想像しているだけなのでお許しくださいね♪

 

★11月は投資信託勉強会をやります。

募集は3か所

  1. facebook 
  2. リーマンインテリジェンスHP
  3. コクチーズ

つみたてするなら

投資信託の事知っておきたいですね。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ