FPが実践するお金の知恵を磨く勉強会

大阪で毎月、資産運用、投資実践者を講師に迎えお金の勉強会を運営しています。『積み上がった活きたお金の知恵』は会社員にとって現状から一歩踏み出す大きな力になりますよ。

投資信託初心者でもコストのことは知っておいた方が良い

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

投資信託を始める時

 

投資信託に限らず新しく何かを始める時

誰もが最初は初心者というのは

当たり前の話ですが

 

せっかく始めるのだから

少しは勉強してからの方が

 

思いもよらない間違いを減らすことができます。

もうこれは絶対です^^

 

投資信託の仕組みはわかりにくいところもあるかもしれませんが

とりあえずスタートしてみようと思った時は

 

とにかくコストについては押さえておきましょう。

投資信託を買うならここも絶対ですw

 

投資信託に存在する3つのコスト

 

投資信託を買うと決めた時

知ってほしいのは

投資信託には3つのコストが存在するということ

 

コストとは投資信託

1、購入し

2、維持管理し

3、売却する

この3つの段階でそれぞに存在するものです。

 

1、販売手数料

 

購入する時にかかるコストを手数料、売買手数料、販売手数料

などと表現します。

これは100万円の投資信託を購入する時に

手数料1%なら1万円必要ですよということになります。

 

ネット証券などではこの手数料が0の商品が

わりとたくさん置いてあります。

販売時の手数料が0の投資信託をノーロードといいます。

 

2、信託報酬

 

投資信託保有している間

ずっととられ続けるコストです。

信託報酬が0になるものはありません(^_^;)

 

ただ、商品によって

信託報酬が高いものや安いものなど

様々用意されているので

ここは良く見る必要があります。

 

長期の運用を考えているならこだわりたいところですね^^

 

3、信託財産留保額

 

保有していた投資信託を売却した時に

支払わなければいけないコストです。

 

これは0のものもたくさんありますが

ちゃんと見ておかないと

売却時に支払いがあるってこと忘れていると

がっかりすることになりますからねw

 

知らない時と知っている時の違い

 

簡単ではありますが

投資信託に3種のコストが存在するということ

 

 

お試しで買ってみる場合でも

一応、調べてみてください。

 

何も考えずに買う時と比べて

ちょっとした変化が起こると思います^^

 

あなたの気持ちにですよ♪

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ